TopBar

ルナメアACの有効成分について

6月 2, 2014

大人ニキビ対策ケア用品として、高い評価を得るルナメアACですが配合される成分が気になりませんか?ここでは、洗顔フォーム、化粧水、クリームの3つのアイテム別にその有効成分を見てみましょう。

 

 

1つ目は、ルナメアACの洗顔フォーム「ファイバーフォーム」を見てみましょう。

 

ルナメアACの洗顔フォーム「ファイバーフォーム」は、ファイバースクラブと呼ばれる極小の繊維が毛穴の奥まで入り込み、汚れをからめとってくれます。

そして、フランスで取れた海泥のクレイが、余分な皮脂を吸収してくれます。

 

一般的なニキビケア対策ケア用品は、殺菌成分を含んでいることが多いです。この殺菌成分は消毒という面では高い効果を発揮するのですが。アクネ菌以外の菌も除去してしまうので、肌への負担も大きいのです。

 

しかし、ルナメアACの洗顔フォーム「ファイバーフォーム」はその成分をふくんでいません。肌に優しい仕様になっているのです。

 

 

2つ目は、ルナメアACの化粧水「スキンコンディショナー」を見てみましょう。

ルナメアACの化粧水「スキンコンディショナー」には油溶性の有効成分「グリチルレチン酸ステアリル」と「トコフェロール酢酸エステル」が含まれています。

 

保湿成分としては、うるおい成分の「天然ビタミンE」、「ダイズリン脂質」、「グリセリン」を含みます。これ以外にも、植物からとれたヒオウギ抽出液、アーティチョークエキス、

ビルベリー葉エキス、セイヨウナシ果汁発酵液を「ハーバルモイストエキス」として配合しています。このエキスも保湿成分として高い効能をしめします。

 

 

3つ目は、ルナメアACのクリーム「ジェルクリーム」を見てみましょう。

 

このルナメアACのクリーム「ジェルクリーム」は、化粧水の後に使い、肌のコンディションを整えてくれます。

 

このルナメアACのクリーム「ジェルクリーム」にも、化粧水と同様、油溶性の有効成分「グリチルレチン酸ステアリル」と「トコフェロール酢酸エステル」が含まれています。肌を保湿する成分としては、うるおい成分の「天然ビタミンE」、「ダイズリン脂質」、「グリセリン」を含みます。

 

様々な有効成分を含むルナメアACのクリームをぜひ試してみて下さい。


Posted in: 水密度 |